鬱のようなもの

ゲームいろいろ

【将棋】横歩取り実戦研究【▲5八玉早上がり型(青野流)】

早指し将棋アプリでの、横歩取りの一戦の反省記事。

先手が相手、後手が私で、▲5八玉と早く上がって3筋を焦点に速攻を狙う、いわゆる"横歩取り青野流"の将棋でした。

 

青野流は攻撃性が高く序盤早々かなりの激戦になるので、

超早指しの将棋アプリでは人気のある指し方に思います。

私が横歩取りの後手を持つと先手はこの青野流をよくやってきて、よくわからないまま勝ったり負けたりしてます。

私としてはきちんと囲いを作ってから戦いたい派なので通常の穏やかな進行になった方がやりやすいのですが‥‥

 

(初手から)

1.▲2六歩

2.△8四歩

3.▲2五歩

4.△8五歩

5.▲7六歩

6.△3四歩

7.▲7八金

8.△3二金

9.▲2四歩

10.△同歩

11.▲同飛

12.△8六歩

13.▲同歩

14.△同飛

15.▲3四飛

[Ⅰ図]

f:id:Biotan:20190409175707p:plain

[Ⅰ図]▲3四飛まで

 

 

相掛かり模様の出だしから5手目に先手が角道を開けて、態度を決めてこない形の序盤でした。

ここから後手が△3二金とすればまだ手が広いのですが、横歩取りに凝ってる私は△3四歩と突いて横歩取りにすることにしました。

 

(Ⅰ図から)

16.△3三角

17.▲5八玉

18.△5二玉

19.▲3六歩

20.△7六飛

21.▲7七角

[Ⅱ図]

後手の△3三角型にすぐに▲5八玉とするのがこの指し方のポイント。先手が横歩を取り、あまつさえ手損に甘んじることなく主導権を握ろうとしてきます。

先手の▲5八玉に後手は△5二玉と追随し、▲3六歩△7六飛とこちらも横歩を取ります。

この△5二玉では△2二銀もあり、以下▲3六歩△4二玉▲3七桂△6二銀[A図]とし、玉を固めて先手の攻めに備える指し方もあります。この場合、先手もすぐに攻め潰すことはできなくなり、流れは少し穏やかになります。

f:id:Biotan:20190409181237p:plain

[A図]△6二銀まで

[A図]の変化では玉が4二へ上がるということがポイントで、当たりは強くなりますが守りの金銀や歩を玉で支え、先手の攻めをしっかり耐えて強く反撃する構想です。

 

本譜に戻ります。後手の△7六飛には先手は▲7七桂と受ける手もあるのですが、▲7七角が多いように思います。本譜は▲7七角でした。

▲3三角成も受けの形ではあるのですが、△同桂▲7七桂は△5五角でダメなので、▲3三角成は後手にだけ形よく桂馬を跳ばせて損のように思います。

f:id:Biotan:20190409181015p:plain

[Ⅱ図]▲7七角まで

 

(Ⅱ図から)

22.△2六歩

23.▲3八金

24.△7七角成

25.▲同桂

26.△5五角

27.▲6八銀

28.△1九角成

[Ⅲ図]

f:id:Biotan:20190409184626p:plain

[Ⅲ図]△1九角成まで 後手有利

 

▲7七角以下、後手は△2六歩と垂らすのが定跡ということになっています。

これには▲3八銀と受けるのが多いようですが、▲2八歩や受けずに▲3七桂もあります。

本譜の▲3八金はあまりいい受け方ではなかったと思います。

後手は予定通り△7七角成~5五角と攻めます。以下▲2二歩△3三桂▲2一歩成△4二銀▲2三歩△同金▲8四飛△4五桂▲8一飛成[B図]のような進行が普通ですが、今回は▲6八銀と妥協したので△1九角成で後手が少し有利になりました。

f:id:Biotan:20190409184936p:plain

[B図]▲8一飛成まで

[B図]以下は△7七角成▲同金△同飛成と進んで、先手玉に肉迫している後手がやれそうな感じがします。

 

(Ⅲ図から)

 

29.▲3七桂

30.△3三桂

31.▲2四飛

32.△2二香

[Ⅳ図]

f:id:Biotan:20190409185757p:plain

[Ⅳ図]△2二香まで

▲3七桂と逃げた手に対して△3三桂とこちらも桂馬を跳ねて、▲2二歩の筋を消します。

先手は▲2四飛と寄りましたが、これは悪手で△2二香が痛打。2六にいる歩と連動して、大駒を使った豪快な攻めに比べればスピードは遅いものの、たくさん駒を拾えそうです。

 

(Ⅳ図から)

33.▲8四飛

34.△2七歩成

35.▲8一飛成

36.△3七と

37.▲8三角

 

[Ⅴ図]

 

 

 

 

▲8四飛には黙って△2七歩成としました。これは悪い手ではないのですが、以下の先手の攻めが思いの外早かったので、結果的にはやや危険だったように思います。

 先手は▲8一飛成として当然。成駒の侵攻に大駒のスピーディーな攻めで対抗します。

後手の△3七とはここら辺一帯を根こそぎ取ってしまおうという手で、次に△3八ととして桂・金を続けて取っていくつもりでいます。

 

先手の▲8三角はおそらく最善で、次に▲6一角成となれば後手に受けはありません。

f:id:Biotan:20190409185946p:plain

[Ⅴ図]▲8三角まで

その狙いはなんとか防げたのですが、結果を言えばここらへんで私に早指し、特に切れ負け将棋特有の初歩的ミスが炸裂してもうどうしようもなくなりました。

 

正しい応手の一例としては、 

▲8三角△7二桂は絶対で、以下▲8四桂△8六飛(好手)▲7二桂成△同銀▲同角成△8一飛▲同馬△3八と▲8二飛△6二金打▲7一銀△3九と▲6二銀成△同金▲7二金△5一銀▲6二金[C図]となり、先手の猛攻が続きます。

f:id:Biotan:20190409191355p:plain

[C図]▲6二金まで

正しく応じれば後手に手番が回ってきて勝勢になるとは思いますが、攻めさせて反撃する流れなのでやはりこの順は危険だったとおもいます。

 

なので、やはり先手の▲8四飛にはひとまず△8三歩▲同飛成△8二歩▲8五龍△3六飛[D図]としておけば、以下△2七歩成と、△3七馬▲同金△同飛成の狙いが残って手堅く勝ちにいけたと思います。

f:id:Biotan:20190409192645p:plain

[D図]△3六飛まで

以下▲3四歩△3七馬(△3四同飛は▲1六角で微妙)▲3三歩成△3八馬▲3二と△同銀[E図]で駒の損得は後手の香得程度ですが、一方的に敵陣を突破して後手優勢ということのようです。

f:id:Biotan:20190409192919p:plain

[E図]△3二同銀まで 後手優勢

 

この変化は▲8五龍▲8七龍と逃げた手がちょうど飛車に当たるから無理かなー、と思ってやらなかったのですが、△3六飛と先手で逃げられるということに時間に追われて気づかなかったのが大変悔やまれます。(# ゜Д゜)

【将棋】角交換四間飛車への対抗法模索 ~銀冠に囲う~

(初手から)

1.▲7六歩

2.△8四歩

3.▲6八飛

4.△3四歩

5.▲4八玉

6.△4二玉

7.▲2二角成

8.△同銀

9.▲8八銀

10.△3二玉

11.▲3八玉

12.△6二銀

13.▲2八玉

14.△1四歩

15.▲1六歩

16.△2四歩

17.▲3八銀

18.△2三銀

19.▲7七銀

20.△2二玉

21.▲8八飛

22.△3二金

23.▲8六歩

24.△3三桂

25.▲6六銀

26.△6四歩

27.▲5八金左

28.△6三銀

29.▲7七桂

30.△7四歩

31.▲9六歩

32.△9四歩

33.▲4六歩

34.△7三桂

35.▲4七金

36.△5二金

[Ⅰ図]

f:id:Biotan:20190404211102p:plain

[Ⅰ図]△5二金まで

先手の角交換四間飛車に対して、後手の居飛車が銀冠に構えた将棋について。

この角交換四間飛車という戦型は居飛車側ひとつ取ってもかなり多彩な指し方があり、駒一つ一つの位置関係でどのように将棋が変化するのかかなり微妙なところがある。正直よくわからない。

また、どこで仕掛けるのがいいのか、悪いのかも微妙で、もう行くしかないという頃合いがわからない。攻めようと思えば攻められるし、攻めを見送ろうと思えば見送ることができる。なんとも微妙な将棋である。

 

 

(Ⅰ図から)

37.▲5六歩

38.△4四歩

39.▲5五歩

40.△8一飛

[Ⅱ図]

f:id:Biotan:20190404214142p:plain

[Ⅱ図]△8一飛まで

先手の▲5六歩は▲4七金とすればこそ。△7九角の筋を消して初めて成立する手。銀の退路を作る。先手はさらに5筋の歩を伸ばし、位を取った。これにより後手の6三銀の使い方が難しくなる。

対して後手は一段飛車に構えて、隙を見せないように陣形を整える。

 

(Ⅱ図から)

41.▲5七銀

42.△4三金右

43.▲5六銀

[Ⅲ図]

f:id:Biotan:20190404145025p:plain

[Ⅲ図]▲5六銀まで

先手は銀を繰り替えて中央の厚みで対抗。対して後手は金銀3枚の銀冠の堅陣を完成させ、お互いに好形に組む。

(Ⅲ図から)

44.△1二香

45.▲2六歩

46.△1一飛

[Ⅳ図]

f:id:Biotan:20190404145118p:plain

[Ⅳ図]△1一飛まで

後手は△1二香~1一飛と動いてどうか。もちろん次は△1五歩▲同歩△同香[A図]とするのが狙いで、美濃囲いの弱点である端から打開を図る。

f:id:Biotan:20190404145608p:plain

[A図]△1五同香まで

[A図]のようになれば、後手が少しは指しやすいのではないかと思う。自分の端から攻めていっているので微妙なところではあるが。

 

(Ⅳ図から)

47.▲2七銀

48.△9五歩

49.▲同歩

50.△7五歩

51.▲同歩

52.△9五香

53.▲同香

54.△7六歩

[結果図]

[Ⅳ図]以下先手が▲8五歩△同歩▲同桂とするのは△8一飛で先手不利。[B図]

f:id:Biotan:20190404151129p:plain

[B図]▲8一飛まで 先手不利

[B図]は先手の飛車先が重く、桂馬が負担となっている。

 

[Ⅳ図]以下、先手は▲2七銀で端攻めに備えたが、4九の金が離れているこの瞬間が狙い目と思った後手は△9五歩から香車を捨てて桂頭を攻めてきた。

[結果図]は先手陣がばらけている上桂馬を取ってから△3五桂の狙いもあり、後手が指しやすいように思う。後手の飛車は1一へ逃げているため、9筋からの飛車成りを作る▲9二香成が飛車に当たらないのも大きい。

f:id:Biotan:20190404151732p:plain

[結果図]△7六歩まで 後手指しやすい

 

以上の変化はあくまで構想にすぎないが、角交換四間飛車居飛車が銀冠で対抗する際の一つの方針にはなるかと思う。

【矢倉研究】角をめぐる攻防

矢倉の実戦で気になる変化があったので検討してみる。題材の局面は先手が私で後手が相手。

f:id:Biotan:20190325173232p:plain

[基本図]▲4六角まで

 

[基本図]は△7五歩の早仕掛けに対して▲4六角とけん制した局面。先手はすでに2筋を切っており、ポイントを上げている。これには△9二飛と逃げておけば先手十分なもののまだまだ長い将棋だったが。

 

(基本図から)

△7三銀

▲7五歩

[Ⅰ図]

f:id:Biotan:20190325173934p:plain

[Ⅰ図]▲7五歩まで 先手にチャンス到来

後手は銀を上がって受けてきたため、ここで先手にチャンス到来である。

[Ⅰ図]以下後手は△9二飛ぐらいしかないだろうが、それには▲7六銀と立って銀立ち矢倉に組んでおくぐらいだろうか? とにかく先手有利だとは思う。[A図]

f:id:Biotan:20190325174744p:plain

[A図]▲7六銀まで 先手有利

 

また、Ⅰ図以下△7五同角なら▲7四歩△6四銀▲4八銀と角の退路を確保しておいて次に▲6五歩や▲7六銀といった楽しみがあり、先手有利に思う。[B図]

f:id:Biotan:20190325210526p:plain

[B図]▲4八銀まで

本譜はⅠ図以下△4五歩と角を攻めてきたので、前述とは違った変化が生まれた。

 

Ⅰ図から

△4五歩

▲7三角成

△同桂

▲7四歩

[Ⅱ図]

f:id:Biotan:20190325181047p:plain

[Ⅱ図]▲7四歩まで

角を切って銀桂vs角の二枚換えの駒得を図る。[Ⅱ図]以下△6五桂▲同歩△3九角▲3八飛としておいて、後手の歩切れと▲7四歩の拠点が大きく先手優勢に思う。[C図]

f:id:Biotan:20190325181953p:plain

[C図]▲3八飛まで 先手優勢

 

(Ⅱ図から)

△8三飛

▲7三歩成

△同飛

▲7六歩

[Ⅲ図]

f:id:Biotan:20190325182321p:plain

[Ⅲ図]▲7六歩まで

飛車浮きで歩成りを受けてきた後手に対して、先手は桂馬を取ったらひとまず▲7六歩として7筋の傷を消した。

後手の△8三飛にはじっと▲8八玉としておく手も魅力的だが、以下△6五桂▲同歩△3九角[D図]とされる手が気になる。

f:id:Biotan:20190325182738p:plain

[D図]△3九角まで

 

(Ⅲ図から)

△6四歩

▲4八銀

△4六歩

▲同歩

△5八角

[Ⅳ図]

f:id:Biotan:20190325183159p:plain

[Ⅳ図]△5八角まで

後手は6筋の歩を伸ばして△6五歩▲同歩△3九角の筋を狙う。対して先手は▲4八銀と引いて△3九角の筋を消した。

後手は4筋を突き捨てて角を打ち込んできたが、この角は逮捕できそうだ。

 

(Ⅳ図から)

▲4七銀打

△4九角成

▲6八金引

[Ⅴ図]

f:id:Biotan:20190325183938p:plain

[Ⅴ図]▲6八金引まで

先手は▲4七銀打で角を4九に成らせ、▲6八金と引く。次に▲5八銀で馬を捕獲してしまう狙いである。

矢倉で自陣に角を打ち込まれた場合相手の持ち駒に銀もあることが多く、これを捕獲するのは容易ではない(本譜の場合ではもし銀を持たれていれば△2七銀で飛車が死んでしまう)が、今回は角単騎なのでこのような順で角を捕まえることができる。

 

ただし、実戦では▲6八金引とするところで▲6八金寄として角を取りに行ったので、少し怪しくはなってしまった。(試合には勝った)

 

今回のポイントは角を切る変化で有利を拡大することができるか否か、ということにある。

例えばⅠ図から△7五同角としたところで▲7三角成△同桂▲7四歩では、△6五桂▲同歩△3九角成で先手大変。[E図]

f:id:Biotan:20190325190516p:plain

[E図]△3九角成まで 先手大変

この場合は後手の角が7五に出ているのが本譜と違うところで、先手はやはり▲7四歩と応じるのが正しい咎め方に思う。

 

矢倉戦は玉が堅陣で有利になってもすぐには攻めが寄り付かないので、じっくりと相手の悪手を咎める慎重な指し回しが大事なことが多いだろう。

【将棋】居飛車穴熊考察②【振り飛車対策】

今回は居飛車穴熊に対して駒組みの途中で相手が激しく攻めてきたとき、その対処法について。題材は私の実戦から。

 

(初手から)

1.▲7六歩

2.△8四歩

3.▲7八銀

4.△3四歩

5..▲6六歩

6.△6二銀

7.▲7七角

8.△4二玉

9.▲6八飛

10.△3二玉

11.▲4八玉

12.△5四歩

13.▲3八玉

14.△8五歩

15.▲2八玉

16.△5三銀

17.▲1六歩

18.△3三角

19.▲3八銀

20.△2二玉

21.▲5八金左

22.△1二香

[Ⅰ図]

f:id:Biotan:20190322195710p:plain

[Ⅰ図]△1二香まで

先手(相手)は四間飛車、対する後手(私)は居飛車

先手は▲4六歩や▲3六歩、▲6七銀~5六銀といった穴熊囲いへのけん制もなく、一直線に美濃囲いを組んできたので、後手は予定通り△1二香として穴熊を明示します。

このまま金銀4枚の居飛車穴熊に組めれば後手の作戦勝ちですが、△1二香を見た先手はここで動きを見せます。

 

(Ⅰ図から)

23.▲6五歩

[Ⅱ図]

f:id:Biotan:20190322200754p:plain

[Ⅱ図]▲6五歩まで

先手はこのタイミングで角道をオープンし、後手の穴熊をけん制してきました。この手の意味は、先手の側から▲3三角成と角交換をし、△同桂と取らせることで形を大きく乱すことにあります。

これを受けて後手は△4四歩と角道を止めるのがごく一般的ですが、△7七角成▲同銀△1一玉[参考A図]とすることもできるので迷います。

前者は一番無難で手堅いのですが、自分だけ角道を止めて先手の主張を通してしまった感じが否めませんし、後者は角を捌き合ってさらに金銀の連結がいいしっかりした穴熊を築き上げることはできますが手損が気になります。

f:id:Biotan:20190322202216p:plain

[参考A図]△1一玉まで

ただ、どちらも相当固くまで囲えることは囲えるので、居飛車としても不満がなく有力な順だとは思います。

 

(Ⅱ図から)

24.△4四歩

25.▲4六歩

26.△1一玉

27.▲4七金

28.△2二銀

29.▲3六歩

30.△5二金右

31.▲4五歩

[Ⅲ図]

f:id:Biotan:20190322204704p:plain

[Ⅲ図]▲4五歩まで

Ⅱ図から少し駒組みが進んで30手目△5二金右とした手に対して。この手は次に△4三金と上がって上部を補強しようとした意味があったのですが、これに対して先手はなんと▲4五歩といきなり仕掛けてきました。

 

(Ⅲ図から)

32.△4五同歩

33.▲3三角成

34.△同桂

f:id:Biotan:20190322205504p:plain

[Ⅳ図]△3三同桂まで

後手は△4五同歩として当然。▲3三角成△同桂で形は乱れましたが、それよりも歩得と4五の位が大きく、この時点ですでに後手が有利になっています。

それでも以下△7七銀としておけば、▲4三金△1五歩▲3一金[参考B図]でまだ先は長かったのですが…

f:id:Biotan:20190322210206p:plain

[参考B図]▲3一金まで

 

(Ⅳ図から)

35.▲5六歩

36.△4六歩

37.▲4八金引

38.△8八角

[Ⅴ図]

f:id:Biotan:20190322210806p:plain

[Ⅴ図]△8八角まで

先手は▲5六歩としましたが、これも悪手で、後手は△4六歩▲4八金引△8八角咎めにいきます。先手は角交換したことで角打ちの隙ができてしまっているので、まずはそれを消すために▲7七銀とするべきでした。

 

(Ⅴ図から)

39.▲7七角

40.△7九角成

41.▲5八飛

42.△8六歩

43.▲同歩

44.△8八歩

45.▲3五歩

46.△4三金

47.▲3四歩

48.△同金

[Ⅵ図]

f:id:Biotan:20190322211955p:plain

[Ⅵ図]△3四同金まで

普通は△8八角のような手には▲7七角と合わせれば△同角成▲同銀となって問題ないのですが、この場合は7九に隙があり、先手は後手に馬を作られてしまいました。

この馬を活かすべく、後手は歩の手筋で駒得を目指します。対して先手は一歩持ったので、桂頭を狙ってきました。後手はこれには金の応援で受けていきます。

 

49.▲5五歩

50.△同歩

51.▲3五歩

52.△4四金

[Ⅶ図]

f:id:Biotan:20190322212838p:plain

[Ⅶ図]△4四金まで

先手は▲5五歩で戦線拡大。後手はすでに駒得が確定しているので、これには焦らず△同歩と取るのが最善に思われます。

▲3五歩は△同金と取ると▲5五飛△4七歩成▲5三飛成[参考C図]で少し怖いので、△4四金と寄っておくのが5五の地点で大駒を抑え込む意味もあって無難。

f:id:Biotan:20190322213911p:plain

[参考C図]△5三飛成まで

[Ⅶ図から] 

▲4五歩

△同桂

▲5五角

△5七歩

▲4四角

△同銀

[投了図]

f:id:Biotan:20190322214454p:plain

[投了図]△4四同銀まで

 中央から突破を図る先手に対して、△5七歩で飛車先を止めて▲4四角を△同銀と取ったところで先手は投了しました。投了図は完全に先手陣が抑え込まれ、崩壊しています。

今回は相手の悪手によって試合が早く終わってしまいましたが、穴熊は組み切るまでは浮き駒があってあまり堅くないので、穴熊への速攻は正しく行えばそれなりの脅威となりえます。

ただし、振り飛車側も囲いを乱しての攻勢なので居飛車からの角打ちの隙が生じやすかったり、攻めたところを逆に拠点にされたりといったリスクがあり、正しく応じれば居飛車穴熊はそう簡単には倒れません。

【将棋】角換わり腰掛け銀先後同型について

 

f:id:Biotan:20190322074037p:plain

[基本図]△7三桂まで

角換わりの中でも最もオーソドックスな腰掛け銀の、さらに有名な先後同型の形。

[基本図]

先手が先に仕掛け、後手が隙をみて反撃を狙うという将棋になるのですが、手番を握る先手に対して同型で追随するため後手の明確な主張点がなく、先手に正確にやられると後手もなかなか反撃の順が回ってこないような感じはあります。

ただし、先手も薄い玉形のまま相当きわどく攻めるので、なんかの拍子に一転して後手が攻めの主導権を奪還する可能性が大いに見込め、後手も後手でそんなに悲観することもない形のように思います。

後手で角換わりをやるなら棒銀の対処法と合わせてこの定跡を勉強し、角換わり独特の激しい攻め合いにしっかり順応する必要があるでしょうか。

私個人としては自分が主導権を握って積極的に何かするよりも、相手の動きに乗じてそれを咎めるような横着な指し方が好きなので、こういう激しい戦型ほど後手をもってやってみたくなります。

因みに近年はこの形を先手のほうから避けて、▲2九飛・4八金と陣形を安定させてから攻める指し方が流行ってるようですが、後手の明確な対処法はあるのでしょうか。

[参考a図]

f:id:Biotan:20190322081336p:plain

[参考a図]▲6六歩まで

 

 

先後同型の話に戻りますが、先手には基本図から4筋と3筋だけ突き捨てて開戦する変化と、4筋、2筋、1筋、7筋、3筋と突き捨てて、一直線に攻めまくる変化の二通りの選択肢があります。

先手としては攻めて攻めて攻めまくりたいでしょうから、前者の順よりも後者の方を選びたい人が多いのでしょうか。

 

今回はちょっと気になる先手の指し方と、後手の対策について考えます。

 

(基本図から)

 

▲4五歩

△同歩

▲2四歩

△同歩

▲1五歩

△同歩

▲7五歩

△同歩

▲4五桂

[Ⅰ図]

f:id:Biotan:20190322082225p:plain

[Ⅰ図]▲4五桂まで

3筋を突くと後手は目標の銀を4四へ先逃げして当たりをかわしてくるので、それならアッサリ桂馬を跳ねて歩を入手して、▲7四歩を楽しみにするというよこしまな考えがあります。

これに対して仮に△4四銀とかわしてくれれば、▲7四歩で確かに先手がやれそうに思います。[参考b図]

f:id:Biotan:20190322082817p:plain

[参考b図]▲7四歩まで

銀が逃げて手番を渡すとすぐに厳しい手が待ってるので、後手は手番を渡さないということが大事になると思います。

 

(Ⅰ図から)

△4五同銀

▲同銀

△3七角

▲2九飛

△7四桂

[Ⅱ図]

f:id:Biotan:20190322083328p:plain

[Ⅱ図]△7四桂まで

先手が露骨にやりたいことを通そうとしてくるなら後手も強気にやりたいことを通しに行くということで、

まず攻めてきた▲4五桂を△同銀と取ってしまい、△3七角▲2九飛の交換を入れてから△7四桂。

これは▲7四歩を消しつつ△7六歩▲同銀△6六桂の先手にもなっているという、敵の打ちたい所に打つ攻防の一手。

以下▲6七金右なら△4六角成▲5六銀△3六馬くらいでも後手は銀桂交換の駒損ではあっても馬が手厚く、歩得も大きい。

こうなると後手もなかなか悪くないのではないでしょうか(まだまだ長くはなりそうですが)。

[Ⅲ図]

f:id:Biotan:20190322085456p:plain

[Ⅲ図]△3六馬まで 後手よさそう?

 

ところでもう一度基本図に戻りますが…

(基本図から)

 

▲4五歩

△同歩

▲2四歩

△同歩

▲1五歩

△同歩

▲7五歩

△同歩

▲3五歩

△同歩

▲4五桂

△同銀

▲同銀

△3七角

▲2九飛

[Ⅳ図]

f:id:Biotan:20190322090955p:plain

[Ⅳ図]▲2九飛まで

先手が定跡通り3筋の突き捨てを入れた時にも、さっきの考えを応用できないかという試み。

ところが、先手はしっかりと3筋を突き捨ててあるのが大きなポイントで、Ⅳ図以下

△7四桂なら▲3四歩△2二銀▲4四銀と進軍が続きます。こうなると後手としては収拾がつきません。以下仮に△4三歩と追い返そうとすれば▲7一角が狙いの手で、先手の攻めは続きます。

[参考c図]

f:id:Biotan:20190322095237p:plain

[参考c図]▲7一角まで

[参考c図]以下△8一飛▲5三銀成△7一飛▲5二成銀となって後手大変でしょう。

 

また、

△4六角成には▲3四銀打がぴったりで、△2二銀と引いてしまっては▲4四銀と進軍されてやはり先程の▲7一角の狙い筋が残ります。[参考d図]

f:id:Biotan:20190322095423p:plain

[参考d図]▲4四銀まで

3四に打った銀は歩の裏に潜り込んでしまっているので、△3三歩と催促されることは当分なく、しばらくは拠点として活躍してくれるはずです。

 

 

 

以上をまとめると、

(ⅰ)3筋の突き捨てを入れずに桂馬を跳ねてきた場合は、△4五同銀~3七角~7四桂と強く反撃する

(ⅱ)先手からの▲3五歩はやはり取ってはならない

ということになります。

【将棋】原始棒銀について

先手が矢倉を目指してきたときの、後手側の選択肢の一つに挙げられる原始棒銀戦法。

今回はそのちょっと不思議な変化について。

 

(初手から)

1.▲7六歩

2.△8四歩

3.▲6八銀

4.△3四歩

5.▲6六歩

6.△8五歩

7.▲7七銀

8.△7二銀

9.▲7八金

10.△8三銀

11.▲5六歩

12.△8四銀

13.▲7九角

[基本図]

f:id:Biotan:20190320142512p:plain

[基本図]▲7九角まで

後手の棒銀に潰されないように、引き角にしてさらに5筋も突いて備えた局面を基本図とし、今回はこれついて考察する。

5手目▲7七銀とした場合の後手の棒銀の手順も考えられるのだが、少し調べてみたところ、どうやらこちらは先手に飛車先を切られてあまり面白くないようである。

 

(基本図から)

14.△6四歩

15.▲6八角

16.△6五歩

17.▲同歩

18.△9五銀

[Ⅰ図]

f:id:Biotan:20190320142917p:plain

[Ⅰ図]△9五銀まで

先手の備えに対して、後手は6筋を突き捨てて角筋を通すことで攻めを繋げようとしてくる。次に△8六歩▲同歩△同銀とするのが狙いで、▲8六同銀に△9九角成と香車を取り返されて陣形を突破されてしまう。

[参考A図]

f:id:Biotan:20190320143541p:plain

[参考A図]△9九角成まで

 

(Ⅰ図から)

19.▲5五歩

20.△同角

21.▲5八飛

22.△8六歩

23.▲同歩

24.△同銀

25.▲5五飛

26.△7七銀成

27.▲同桂

28.△8九飛成

[Ⅱ図]

f:id:Biotan:20190320144506p:plain

[Ⅱ図]△8九飛成まで

▲5五歩~▲5八飛の三手一組は絶対の手順。相手の攻めの軸となっている角を呼び込み、逆にこちらの飛車の目標にしてしまう。

これ(21.▲5八飛)には一旦△4四角と応じるのが無難だが、先手から▲5五歩と再度同じ場所へ歩を打たれて角筋を止められては局面が収まってしまうので、後手は果敢に△8六歩と攻め、角を犠牲に飛車を成りこんできた。

 

Ⅱ図以下は▲7九銀△6七歩▲4六角△9九龍として、後手としては次に香車で飛車の捕獲を狙うくらいだが、▲6四歩△5四香▲同飛△同歩▲6三歩成となり、飛車は取り返せてもと金が大きく先手有利。[結果図Ⅰ]

f:id:Biotan:20190320150256p:plain

[結果図Ⅰ]▲6三歩成まで 先手有利

 

と、ここまではよく知られた定跡手順。

角筋を絡めた後手の攻めに対して、先手の▲5五歩~5八飛が巧妙な指し方で、この手順ではうまくいかないことがわかる。

そこで、[基本図]から△6四歩とせずに、先に△9五銀を出てはどうだろうか。

 

(基本図から)

14.△9五銀

15.▲6八角

16.△6四歩

[Ⅲ図]

f:id:Biotan:20190320152034p:plain

[Ⅲ図]△6四歩まで

銀が先に出てしっかり力を溜め、次に△6五歩▲同歩△8六歩を狙っている。

しかしここで▲5五歩△同角▲5八飛とするのはいかにもやりすぎで、△4四角▲5五歩となって先手歩損でつまらない。

では先手どうするか。

 

(Ⅲ図から)

17.▲9六歩

18.△8四銀

19.▲2六歩

20.△3二銀

21.▲2五歩

22.△3三銀

23.▲5八金

24.△3二金

25.▲6七金右

26.△9四歩

[結果図Ⅱ]

f:id:Biotan:20190320172400p:plain

[結果図Ⅱ]△9四歩まで 先手やれそう

棒銀には端歩を突くな。」とよく言われるが、現状△6五歩~8六歩の攻めが厳しく、これが決まってしまってはたまらないので、端歩を突いて銀を追い返し、その間に局面を収めることを考える。

▲9六歩△8四銀に▲5八金と固める手もありそうだが守勢一方になりそうなので保留。先に▲2六歩と飛車先の歩を伸ばして後手の動きをけん制する。

後手は飛車先を守ってから端歩を突き返し、タイミングを見て端から攻めを狙う。

[結果図Ⅱ]は後手の駒組みが立ち遅れており、また6四歩を突いてあるために角の運用が難しく先手がやれそうに思う。

 

【将棋】居飛車穴熊考察【振り飛車対策】

振り飛車戦において驚異の堅陣を誇る居飛車穴熊

その圧倒的な強さから、今や対振り飛車の主流戦法となっている。

 

しかしどれほど優秀な戦法を知っていても、その活用法を知らないのでは宝の持ち腐れ。

穴熊戦での”筋”がわからなければ、振り飛車を攻略するのは困難である。

というわけで、今回はとある局面を題材に、居飛車穴熊の指し方について考察してみた。

(本記事の考察はあくまで私の主観的な考えなので、絶対に正しいとは言い切れません)

 

参考局面

f:id:Biotan:20190319182627p:plain

[Ⅰ図]△5四歩まで 

[Ⅰ図]は後手が先手に金銀4枚の穴熊を許し、すでに先手有望な局面。後手は5筋の歩を突き、中央から打開を図ろうとしている。先手は次の一手をどうするか。

 

(Ⅰ図から)

▲3七桂

(Ⅱ図)

 

f:id:Biotan:20190319184607p:plain

[Ⅱ図]▲3七桂まで

対抗型では序盤での作戦負けにならないための構想力はもちろんのこと、中盤の駒捌きのしかたが非常に重要になってくる。5五に銀を出て中央の勢力を取りにいこうとしている後手に対して、先手も桂馬を跳んで攻撃形を築いた。[Ⅱ図]

(Ⅱ図から)

△5五歩

▲同歩

△同銀

[Ⅲ図]

f:id:Biotan:20190319201849p:plain

[Ⅲ図]△5五同銀まで

後手は△5五歩から銀を進軍してきた。(Ⅲ図)

 

[Ⅲ図]以下、先手は▲3五歩としてどうか。以下、後手の応手を二通り考察してみる。

△同歩には▲4五桂で居飛車好調 [A図]

f:id:Biotan:20190319191057p:plain

[A図]▲4五桂まで

A図以下(ⅰ)△4四角なら▲3八飛、(ⅱ)△5一角なら▲3五角としておけば、こちらの駒だけがどんどん捌けて不敗の大勢を築ける。

(この手順で肝要なのは、▲4五桂を跳ねる前に一旦▲3五歩を突き捨てることだと思われる。単に▲4五桂では△5一角とされ、以下▲3五歩には△4四歩などで跳ねた桂馬を逆に狙われてしまう)

 

△4四角

後手は前述の通りになってしまっては不満なので、桂馬の目標になっている角を先逃げしてきた。

先手は当初の予定通り▲4五桂と跳ねて様子をうかがう。[B図]

角の頭にいる桂馬なので、すぐには取られない。この桂馬のはたらきがよく5三の地点に効いているので、将来寄せに役立ちそうだ。

f:id:Biotan:20190319211749p:plain

[B図]▲4五桂まで

 

 

次に、先手が▲3七桂とした[Ⅱ図]の局面に戻って、後手が先手の仕掛けを待つ指し方を考察してみる。

f:id:Biotan:20190319205146p:plain

[再掲Ⅱ図]▲3七桂まで

(再掲Ⅱ図から)

△8四歩

一見たいして意味のある手には見えないが、玉を広くし、また隙を見て△8三銀~7二金として、囲いを銀冠に発展させる含みがある。

 

▲4六歩

△同歩

▲4八飛

[Ⅳ図]

f:id:Biotan:20190319212538p:plain

[Ⅳ図]▲4八飛まで

先手は攻めの体勢が整っているので、満を持して相手陣の突出部を狙って仕掛ける。▲4八飛と回る前に先に▲4六歩と突き捨てるのは、一応後手から△3五歩▲同歩△4六歩と先攻されるのを気にして少し捻った仕掛け。

もちろん次に▲4六飛と走るのが狙いだが、このときに4五の地点の勢力が先手のほうが多いので、後手は△4五歩と打って局面を収めることができない。

 

以下△8三銀▲4六飛△7二金なら、▲3五歩で後手しびれる。うっかり△3五同歩と取ってしまうと、▲3四歩でたちまち先手優勢となる。[C図]

f:id:Biotan:20190319220946p:plain

[C図]▲3四歩まで

 

(Ⅳ図から)

△4二飛

▲4六飛

△4五歩

▲4九飛

[Ⅴ図]

f:id:Biotan:20190319224040p:plain

[Ⅴ図]▲4九飛まで



後手は4筋に飛車を回って応援をするが、後手は飛車ー銀の形が重く非常にまとめづらい。

先手は4筋の歩を手順に交換し、一歩持つことに成功した。

[Ⅴ図]は次に▲2四歩△同歩▲2五歩などといった攻め筋もあり、先手指しやすい。

 

振り飛車側の△4四銀の形に対しては、右の桂馬を跳ねて突出した地点を狙うのが好着想であるといえる。

今回はここまでだが、次回以降も穴熊の指し方について様々な局面をテーマに考察してみようと思う。


(追記:後手はⅡ図から△4二角~6四角と角を転換して攻めを牽制する指し方が有力らしいです。こちらは少し先手持ちとはいえそこそこ難解なのでここでは割愛します)